糖分を甘くみてはいけない! 糖分は美と健康の敵!

こんにちは!

りこです。

糖分を甘くみてはいけません!

いや、糖分だから甘いでしょ!

とツッコミが入りそうですが、これはシャレではありません(笑)

今回は健康の敵、糖分についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

糖分の体への影響

肌へ与える悪影響

糖分を摂ると、

肌の中でたんぱく質と結合することで「糖化」が起き、

コラーゲンの中に、AGE(糖化最終産物)を作ります。

AGEは肌の弾力をなくし、

しみ、しわ、たるみの原因になってしまいます。

AGEは分解しにくく、蓄積され続けるものなので、

美しさを保つためには、

AGEをつくらない食生活を送ることが非常に大切です。

 

血糖値の急上昇

朝、甘いものを食べて脳のスイッチが入るという感覚は偽物です。

甘いものを食べると元気になると錯覚するのは、

血糖値の急上昇という不健康な状態から生み出される、

「シュガーハイ」のせいです。

数時間後には疲労と空腹感だけをもたらします。

脳はグルコースという糖分を必要としていますが、

甘いものから摂るのではなく、

良質な炭水化物などから摂るようにしましょう。

 

確かに、お腹が空いたときに、

甘いチョコレートなどを食べるとすごく元気が出るような気がします。

それはシュガーハイのせいだったのですね!

スポンサーリンク

 

色々な種類の糖分

食品にどんな糖分が入っているかしっかり認識し、

美しくなりたければ、

それらはがんばって控えるようにしましょう。

特に「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」

などという名前の糖分は、

安く作ることができ、頻繁に使われていますが、

精製の度合いが高く、メタボの原因として問題視されています。

摂らないように気をつけましょう。

 

糖分の別名

・ブドウ糖果糖液糖
・果糖ブドウ糖液糖
・高果糖液糖
・砂糖混合異性化液糖
・異性果糖
・デキストリン
・ソルビトール
・麦芽糖
・ブドウ糖
・ショ糖
・ガラクトース
・上白糖
・グルコースシロップ
・果糖
・濃縮果汁
・マンニトール
・粗糖
・糖蜜
・グラニュー糖
・マルチトース
・トレハロース
・オリゴ糖
・三温糖
・水飴

など

 

糖分ってこんなに種類があるのですね!

 

甘いものが欲しいときは

でも、どうしても甘いものが食べたい!というときがありますよね。

そんなときは果物がフルーツがオススメです。

フルーツは、糖分と食物繊維が一緒になっているので太りにくく、

ビタミンやフィトケミカルなど、

きれいになれる成分も、同時に摂取できます。

このような「天然のデザート」を積極的に食べましょう。

甘味料にはGI値の低いアガベシロップやメープルシロップ、

品質の良い純粋はちみつなど、天然のものを選ぶといいですよ!

 

おわりに

いかがでしたか?

もう糖分を甘くみることはできませんね!

甘いものは欲しいときは、美と健康のことを考え、

「天然のデザート」を選びましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください