摂れば摂るほど体重が減る!?食物繊維は体内の掃除屋

こんにちは!

りこです。

なんだか最近便秘気味だし、体重が増えたような…

と思うことはありませんか?

お通じが良くないとスッキリしないし、

体が重くなったように感じますね。

今回はそんな食物繊維体重の関係について

まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

食物繊維とは

食物繊維とは、

人の消化酵素では消化することのできない食べ物の中の成分です。

食べても消化することができないにもかかわらず、

体にとって大事な役割を担っているのです。

 

食物繊維の働き

まず、食事をして口から入った食物繊維は、

体内で膨張し、消化管の中を通り抜けますが、

そのとき、”掃除屋”である食物繊維は、

腸の中を優しく掃除してくれているのです。

 

掃除を終えた食物繊維は、

体にとって害のある毒素を引き連れて、

体の外へ放出されますが、

体内でのこの働きぶりによって、

消化器官は最高のコンディションに保たれます。

 

また、多くの女性が悩みを抱えるお通じを

楽にしてくれるのも、食物繊維の働きです。

 

食物繊維は満腹感をもたらす

また、食物繊維は特定の腸のホルモンの分泌を促すことで、

食事の早い段階で満腹を感じられます。

その食物繊維がもたらす満腹感は長時間続くため、

空腹になるまでの時間が長くなるのです。

このため、食物繊維を摂ることで、

次の食事で食べる量が減り、

余分な体重も落ちてくるということです。

消化のスピードをゆっくりにし血糖値の上昇をふせぐので、

やせやすい体や、老けにくいお肌を作る

大切な栄養素と言えるわけです。

 

やせやすくなる上にお肌まできれいになるなんて!

食物繊維ってとても優秀なんですね!

スポンサーリンク

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維が豊富な食べ物は、

・野菜

・フルーツ

・大麦

・豆類(レンズ豆、えんどう豆など)

・ナッツ類(アーモンド、くるみなど)

・全粒穀類(玄米など)

が代表的なものです。

 

食物繊維の多いおやつとして

・ドライプルーン

・ドライいちじく

が特におすすめです。

 

反対に食物繊維を全く含まない、

白い食パンなどの精製された炭水化物は、

血糖値が急上昇するので、太りやすくなり、

肌の老化が早くなってしまいます。

 

おわりに

いかがでしたか?

健康的な体重やきれいな肌のためには、

食物繊維が豊富な食べ物が不可欠です。

食物繊維は摂りすぎによる弊害はないとされ、

逆に意識して摂らないと不足してしまいます。

どんなに摂っても摂りすぎということはないので

毎日積極的に摂るようにしましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください