本物の食べ物には勝てない! サプリは「画期的な理想食」ではない

こんにちは!

りこです。

健康のためにと、サプリを飲んでいるという人はたくさんいそうですね。

サプリさえ飲んでいれば健康が手に入るのでしょうか?

今回はそのサプリについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

サプリは本物の食べ物の代わりにはならない

美や健康を簡単に手に入れたいと願っている人たちには、

栄養素を固めたサプリメントは

「画期的な理想食」のように魅力的に見えますよね。

でも、サプリは良質な本物の食べ物にの代わりにはなりません。

「本物の食べ物」とは自然にある形に近く、

なるべく加工されていない、素材まるごとの食べ物のことです。

その食べ物に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、フィトケミカルなど

たくさんの栄養成分は体の中で相乗的に効果を発揮すると言われています。

「ビタミンC」「カルシウム」などひとつの栄養素しか含まないサプリでは、このような相乗効果は生まれないのです。

スポンサーリンク

 

安易に摂っていると健康に害を及ぼす可能性も

専門家によるアドバイスも受けずに、

安くて人工的なサプリを摂ることはおすすめできません。

ひとつの栄養素のサプリだけ摂っていても

サプリでひとつの栄養素を偏って大量に摂取していると、

体内の栄養素のバランスが崩れてしまい、結果的に健康に害を及ぼすおそれがあります。

例えば、カルシウムを摂りすぎると、体内のマグネシウムのバランスを崩し、

亜鉛が多すぎれば、体内の銅のバランスに悪い影響が及びます。

体に上手く吸収されない

また、サプリに含まれる栄養素は、合成されて化学的につくられているので、

自然に存在する栄養素とは違った状態になっていることもあります。

そのような物質は、体で異物として認識されるため、

栄養素が上手く吸収されないのです。

 

私もサプリを飲むことがありましたが、まさにひとつの栄養素だけ摂っていました!(汗)

それでは意味がないどころか、体に悪影響だということですね。

本物の食べ物を食べよう

多くの研究によると、異なる食材を一緒に食べると、

ひとつの食材だけ食べた時よりも体へのメリットが大きくなると示されています。

例えばトマトとブロッコリーを一緒に食べると、

がんの腫瘍の成長が小さくなるという報告もあります。

さらに、トマトとブロッコリーの相乗効果は、

抗がん剤を含む食事よりもがんの治療に貢献しているというデータもあるのです。

本物の食べ物を、なるべくたくさんの種類、バランスよく食べることに勝る秘策はない、と言われています。

 

本物の食べ物って最強ですね!

おわりに

いかがでしたか?

サプリではなく、本物の食べ物で

美と健康を手に入れましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください