札幌女児衰弱死 池田莉菜13匹の猫を飼育放棄!室内はフンや尿で汚れた状態だった

こんにちは!

りこです。

 

札幌市池田莉菜容疑者と

交際相手の藤原一弥容疑者が、

池田容疑者の娘の詩梨ちゃん(2)を

死亡させた事件で、

池田容疑者らは、

自宅で飼っていた10匹以上の

飼育放棄していたことが新たに分かりました。

 

関連記事
池田莉菜と藤原一弥の顔画像Twitter!札幌市 2歳の娘に暴行 死亡させ母親と交際相手が逮捕

 

詳しく調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

池田莉菜 自宅で13匹の猫を飼育放棄していた

札幌市で女の子(2)が衰弱死した事件で、母親らは、自宅で飼っていた10匹以上の猫を飼育放棄していたことが新たに分かった。室内はフンや尿で汚れた状態で、母親が不在のときは、劣悪な環境の中に女の子が放置されていたとみられている。

逮捕された札幌市の池田莉菜容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者は、池田容疑者の娘の詩梨ちゃん(2)に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。詩梨ちゃんの死因は衰弱死で、死亡する2週間ほど前から食事を与えられていなかったほか、長期間にわたり育児放棄の状態だったとみられている。

その後の関係者への取材で、2人は、池田容疑者の自宅で飼っていた猫13匹に対しても食事を与えないなど飼育放棄していたことが新たに分かった。

猫を保護した団体の代表「(猫に)ご飯とか水を与えなかったり、汚いところに置くのは虐待。猫でもこんなにひどい状態なのに、人間はどうしていたんだろう。特に小さい子なんて」

保護されたとき、多くの猫はあばらが見えるほどやせ細り、通常の半分ほどの体重だった。体には大量の寄生虫やダニがついていたという。

池田容疑者の自宅は猫のフンや尿で汚れた状態で、詩梨ちゃんは劣悪な環境下で激しい暴行を受け、母親が仕事などで不在のときも放置されていたとみられている。

引用元:日テレNEWS24

 

札幌市で、2歳の女の子が

衰弱死した事件で、

新たな事実がわかりました。

 

母親の池田莉菜容疑者の自宅には、

なんと13匹もの猫が

飼育放棄されていたということです。

 

世話をきちんとできないなら

なぜ猫を飼ったのでしょう。

 

室内は糞尿にまみれ、

その劣悪な環境の中に

亡くなった娘の詩梨ちゃん(2)も

放置されていたのでしょう。

 

食事も与えられず、汚い環境の中

衰弱し、亡くなってしまった

詩梨ちゃんのことを思うと

本当に涙が出てきます。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

二度と子供を産まないでほしいし、動物も飼わないでほしいし、もう出てこないで!

 

こっちが、おかしくなる
人間じゃない … 子供も猫も本当に可哀想
この女は、極刑か無期懲役以外考えられない

 

猫13匹って金と家の広さと知識と愛情がないと飼えないと思うのだが。

 

読んでて状況を想像したら涙が出てきた…

 

命をなんだと思ってんだ…

 

13匹も??飼育放棄だったなんて…。異常な家庭だよ。なおさら、ことりちゃんを助けて出してあげて欲しかった。もちろん、猫だって被害者。そんな劣悪な状況ならば、何匹かは人知れず死んじゃったのではないかと思う。

引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

おわりに

自分は綺麗な格好をして楽しんで、

子供も猫も

世話をせず放置・虐待していたとは

人間とは思えません。

本当に許せない事件です。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

こちらの記事もよく読まれています。↓↓

金城信雄と利美の顔画像!大阪市平野区で障害のある長男を監禁し逮捕

加藤紘貴の顔画像を特定!東根 眼科医矢口智恵美さん殺害事件で山形大生が逮捕

宋美玄が山里結婚で問題発言!謝罪に対する山ちゃんのコメントが神

マット 桑田真澄の息子の顔が怖い!整形依存で顔がお人形?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください