睡眠不足だと太る!?睡眠と肥満の関係

こんにちは!

りこです。

毎日の睡眠時間はどれだけ確保できていますか?

忙しくて満足に寝られていない方も多いのではないでしょうか。

今回は睡眠肥満の関係についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

睡眠が足りないと太る

睡眠時間の少ない日本人女性

日本人の女性は、

世界で一番睡眠時間が少ないというデータがあります。

それに加え、

「起きていればカロリーを消費できるけど、

寝てしまったらカロリーを消費できないから、

なるべく眠らずに起きているほうがやせられる」

と思い込んでいる若い女性がたくさんいるようです。

正しくは全く逆で、

睡眠が足りないと太る確率が上がってしまうのです。

 

睡眠不足だとやせたくてもやせられない

睡眠不足が習慣となってしまっている人は、

肥満度の一つの指針となるBMI値が高い傾向があるとされています。

また、睡眠が足りないとインスリンの分泌も増えてしまうため、

体が脂肪を溜め込もうとし、太りやすい体になってしまうのです。

さらにストレスホルモンのコルチゾールのレベルも上がるため、

老化のスピードが速くなり、

お腹に贅肉をつけたりすることになります。

そのうえ、食欲を抑えるホルモンであるレプチンが減り、

食欲を刺激するホルモンのグレリンが増えるのも

睡眠不足の影響です。

これではお腹がすき続けるばかりなので、

太りやすくなるという話にも納得できます。

つまり、7〜8時間の良質な睡眠なしには

やせたくてもやせられないということです。

慢性的な睡眠不足は体重の増加、

さらには肥満にまでつながると指摘されているからです。

 

睡眠不足だと、ただ眠いだけでなく、

こんなに体に悪影響があるんですね。

私のお腹の贅肉は睡眠不足が原因でしょうか…

睡眠不足って、怖い!

スポンサーリンク

 

たった一晩の睡眠不足でも太りやすくなる

もちろん、美肌のためにも睡眠は重要です。

肌細胞の修復は、

眠っているときに一番活発に行われています。

さらに、

・ダメージを受けた細胞の修復
・毒素の排出
・免疫システムを健全に整える
・脳へのエネルギーチャージ

など眠っている間にはたくさんのことが行われています。

それを考えれば、睡眠時間がいかに大切なものか、

よくわかるのではないでしょうか。

 

朝起きて、体が休まったと感じられなければ、

良質で充分な睡眠はとれなかったということになるでしょう。

今夜だけならいいや!と夜更かししてしまうと、

たった一晩の睡眠不足でも、

翌日のインスリンの効きが悪くなり、

血糖値が下がらなくなって、大量のインスリンが分泌されるため、

太りやすくなってしまいます。

 

一晩だけでも太りやすくなるなんて!!

毎日、睡眠時間を確保するために、

だらだらせず、やるべきことを早く終わらせようと思います。

 

おわりに

いかがでしたか?

忙しくても、毎日しっかり睡眠をとることを

優先させるようにしましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください