水をたくさん飲んでいますか? 空腹を感じるのは水が足りないサイン?

スポンサーリンク

こんにちは!

りこです。

たくさん食べているのに、なんだかお腹がいっぱいいにならないなぁと思ったことはありませんか?

それはが足りていないサインかもしれません。

今回はその水についてまとめていきたいと思います。

水が足りないとどうなるか

水がなくては生きていけない

人間の体の60〜70%は水でできていて、

酸素の次に「なければ生きていけないもの」です。

水がなければ、私たちは数日でさえも生きることができません。

眠気や疲れを感じるのも、軽い脱水症状を起こしているサインということもあります。

水が足りないと空腹を感じる

水が足りていないと、体にとって危険な状態と認識されるため、

空腹を感じさせ、水分を含む食べ物を体に取り込もうとします。

なので、空腹を感じたときには、きちんと水分を摂取できているか思い返し、

足りていないと感じたら、しっかり水を飲むようにしてください。

水を充分に摂ることで美肌

水を充分に摂ると、体は細胞に栄養を届けることができます。

さらに、水は老廃物や毒素を排出させる役割ももっています。

体がしっかり潤っていれば、お肌もうるおいます。

水が足りないと、くすみの気になる乾燥肌になる恐れがありますが、

水分をしっかり摂ることで、うるおって、みずみずしく、はりのある肌を保つことができます。

 

水を飲むだけで食べ過ぎを防止できて、お肌まできれいになるということですね!

確かに食べ過ぎていた時は、水分が足りていなかったかも知れません。

水の摂り方

1日の摂取量

1日にコップ8杯(約1.2リットル)の水を必ず飲み、全身をうるおわせましょう。

運動する時はさらに汗をかいた分もプラスして飲むようにしましょう。

でも、水を飲むとむくみやすくなるのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は逆で、水が足りないと、細胞に水分をため込もうとしてしまい、むくみやすくなるのです。

むくみ解消のためにも積極的に水を飲みましょう。

 

私はこれを知ったとき、

えー!むくまないように水分控えてたのにー!早く教えてよー!

と思ってしまいました。

水をよく飲むようになってからは、あまりむくみを感じなくなり、この情報にはとても感謝しています!

水分を摂るときの注意点

1日に必要なコップ8杯の「水」というのは、文字通り「水」のことです。

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれていて、利尿作用があるので「水」には数えないでください。

当然、砂糖たっぷりの甘いソフトドリンクは論外です!

おわりに

いかがでしたか?

水を積極的に摂り、食べ過ぎを防止し、きれいな肌も手に入れましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください