ミネラルなしで美肌や健康にはなれない!少量でも大きく作用するミネラル

こんにちは!

りこです。

ミネラルを摂るようにしましょうと言われたとき、どんなミネラルを思い浮かべますか?

私はすぐには思い浮かびませんでした。(汗)

でもミネラルは体には必要な栄養素ですよね。

今回はそのミネラルについてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ミネラルとは

ミネラルは、

・丈夫な骨や歯を作る

・肺から細胞に酸素を運ぶ

・ホルモンを作る

・心臓を動かす

など数え切れないほどたくさんの身体機能のために必要なものです。

ミネラルは大量に必要な栄養素ではありませんが、

全く摂らなければ、美肌健康にはなれないでしょう。

スポンサーリンク

 

ミネラルのうち、より多く摂りたいもの

ミネラルのうち、より多く摂取したいものは、

カルシウム

・マグネシウム

・ナトリウム

カリウム

の4つです。

カルシウムとマグネシウム

カルシウムは、マグネシウムやビタミンDなど他の栄養素と一緒に摂ると強い骨を作ると言われています。

また、カルシウムとマグネシウムにも相互作用があるので、

偏らないように、どちらを含む食材もしっかり食べるようにしましょう。

 

【カルシウムが豊富な食材】

・昆布

・アーモンド

・豆腐

・ヨーグルト

・ごま

・チンゲン菜

・ほうれん草などの濃い緑色の葉野菜

・ブロッコリー

・骨つきのいわし

・大豆

など

 

【マグネシウムが豊富な食材】

・アーモンド

・そば粉

・キヌア

・玄米

・雑穀

・豆腐

・ほうれん草などの濃い緑色の葉野菜

など

ちなみに、アーモンドやほうれん草などは、カルシウムもマグネシウムも豊富な優秀な食材です。

 

アーモンドは食物繊維やビタミンEも豊富で、まさに万能食材ですね。

小腹が空いたらアーモンドを食べるようにしようと思います!

ナトリウムとカリウム

日本人である私たちは、醤油や味噌に加え、加工食品などに含まれる塩分のために、

ナトリウムの摂取量が多くなりがちで、カリウムの摂取量が少ないと言われています。

ナトリウムの摂取量が多く、カリウムの摂取量が少ないと、

血圧が高くなり、心臓に負担をかけ、さらにむくみの原因にもなります。

カリウムは野菜やフルーツに多く含まれるので、

ミネラルバランスのためにもたくさん摂りましょう。

 

【ナトリウムが豊富な食材】

・昆布

・ホタテ

・カッテージチーズ

・セロリ

・卵

・たら

・ほうれん草

・ごま

など

 

【カリウムが豊富な食材】

・昆布

・アーモンド

・パセリ

・プルーン

・アボカド

・ブロッコリー

・バナナ

など

 

おかずの味付けがしょっぱいものばかりにならないように気を付けたいですね!

その他のミネラル

他にも、亜鉛、鉄分、硫黄、セレニウムは少量を摂取する必要があり、

魚介類やナッツなどに含まれています。

 

おわりに

いかがでしたか?

バランスのとれた食生活で、必要な分のミネラルをきちんと摂れるようにしましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください