こどもの日の由来を子供向けに説明!こいのぼりを飾るのはなぜ?

こんにちは!

りこです。

5月5日は「こどもの日です。

でもこどもの日ってどんな日なの?

こいのぼりを飾るのはなんで?

こどもの日の由来などの

基本知識をわかりやすくご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

こどもの日とは

こどもの日は

「端午(たんご)の節句」とも言われていて、

子どもたちみんなが元気に育ち、

大きくなったことをお祝いする日です。

 

こどもの日のはじまり

「こどもの日」は

もともと「端午の節句(たんごのせっく)」と呼ばれ、

男の子の成長をお祝いしていました。

 

1948年に5月5日を

「こどもの人格を重んじ、

こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」

と決められてから、

端午の節句をこどもの日と呼ぶようになったそうです。

そのため本来は男の子のためのお祝いだったけれど、

今では男の子も女の子も、子どもたちみんなを

お祝いするようになりました。

 

子どものお祝いだけじゃなくて

お母さんに感謝する日でもあったのですね。

 

スポンサーリンク

 

こいのぼりを飾る意味は?

こどもの日といえばこいのぼり!

屋根よ〜り〜高〜い こいの〜ぼ〜り〜♪

でもなんでこどもの日に、こいのぼりを飾るの?

いろんな色の鯉がいるけど…お父さん鯉は何色だっけ?

という疑問を解決していきましょう。

 

なぜこいのぼりを飾るの?

「鯉」という魚は、

強くて流れが速くて強い川でも元気に泳ぎ、

滝をものぼってしまう魚なんです。

 

そんなたくましい鯉のように、

子どもたちが元気に大きくなることを

願う意味が込められています。

 

五色の吹流しは、

子どもの無事な成長を願って

悪いものを追い払う意味が込められているそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

前田光男さん(@maeda0033)がシェアした投稿

 

こいのぼりの色

一番大きい鯉は、

真鯉(まごい)といって黒い鯉。

お父さんを表しています。

 

二番目に大きい鯉は、

緋鯉(ひごい)といって赤い鯉。

お母さんを表しています。

 

一番小さい鯉は、

子鯉(こごい)といって青い鯉。

子どもを表しています。

 

青のこいのぼりの下に、

緑や紫のこいのぼりがあるのを見たことがある人も

いるのではないでしょうか。

緑、紫、だいだい色などの鯉は

子どもの鯉を表しているそうです。

 

下のお子さんが増えた場合は、

三匹の鯉に緑や紫などの鯉を

足してあげるといいそうですよ!

 

おわりに

鯉のぼりの意味や由来には、

子どもの成長を願う気持ちが込められています。

子ども向けに説明してあげられたらいいですね!

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

こちらの記事もよく読まれています。↓↓

よしお兄さんは結婚していた!相手の年齢は?籍を入れたのはいつ?

体操のお兄さんが交代!福尾誠のプロフィールや画像を調査!

横浜バス トラブル動画!老人が子供を無理やり引きずり下ろす!?

ショックアイの待受画像で運気アップ!歩くパワースポットと呼ばれる男

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください