カラフルな野菜や果物を選ぼう!緑黄色野菜は摂れば摂るほど美人になれる!

こんにちは!

りこです。

カラフルで新鮮な野菜果物は、思わずかじりつきたくなるほど美味しそうに見えますね!

今回は美人になるために毎日食べておきたい、

カラフルな野菜や果物についてまとめていきます。

スポンサーリンク

 

カラフルな色の野菜や果物があるのはなぜか

野菜や果物には、ビタミンやミネラル、食物繊維の他にも

フィトケミカルという栄養素があります。

フィトケミカルには、ベータカロテン、リコピン、ポリフェノールなどがあり、

と健康には欠かせない栄養素です。

フィトケミカルは、植物にとってのカラフルな色の素にもなります。

例えば、トマトを赤にするのはリコピンの働きで、

人参をオレンジ色にしているのはベータカロテンの働きです。

フィトケミカルはそれぞれ違う色を持っているので、

フィトケミカルの違いは色の違いにあらわれると言えます。

カラフルな野菜や果物を摂れば摂るほど美人になれる

私たちはまだまだカラフルな野菜や果物が充分に摂れているとは言えないようです。

例えばレタスやキャベツばかり食べていては、色が偏っていて、違う種類の栄養を摂ることができません。

たくさんの種類があるフィトケミカルや抗酸化成分は、

一緒に食べることでより大きな効果を得ることができます。

これは、たくさんの声が重なった、深みと迫力のある、歌のコンサートのようなものです。

つまり、大合唱のような栄養素の重なりを目標に、

カラフルな野菜や果物をたくさん摂れば摂るほど、

私たちは美人になれるのです。

 

私も美人になりたい!よし、食べるぞ〜!

…でもどんな野菜や果物を食べたらいいの?

スポンサーリンク

 

美人になれるカラフルな野菜や果物の種類

特に摂りたい緑黄色野菜

カラフルな野菜や果物は、日常的にどの色も積極的に摂ると良いのですが、

特に緑黄色野菜を食べる人たちはシワがなく、

目尻のカラスの足跡が少ないという研究結果があります。

 

緑や黄色のものは毎日忘れずに食べるようにし、

若々しい肌を保ちたいですね!

野菜や果物の色別グループ

【緑】

ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、緑色のぶどう、さやいんげんなどの緑色の豆、ズッキーニ、アボカド、青リンゴ、キウイ、キャベツ、キュウリ、オクラ、ライム

など

 

【黄色とオレンジ】

黄桃、みかん、人参、かぼちゃ、さつまいも、パイナップル、マスクメロン、グレープフルーツ、レモン、マンゴー、パパイヤ、とうもろこし

など

 

【白】

マッシュルーム、カリフラワー、梨、玉ねぎ、にんにく、ホワイトアスパラ、バナナ

など

 

【青紫】

ブルーベリー、紫色のぶどう、プラム、なす、いちじく、レーズン、プルーン

など

 

【赤とピンク】

赤ピーマン、すいか、トマト、いちご、さくらんぼ、クランベリー、ピンクグレープフルーツ、ラズベリー、赤いりんご

など

おわりに

いかがでしたか?

カラフルな野菜や果物を毎日食べて、美人に変身しちゃいましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください