人工甘味料は太りやすい!?ローカロリーやノンシュガーにだまされない

こんにちは!

りこです。

ダイエットのために、

ノンシュガー、ローカロリーなどのスイーツを選ぶようにしている

という人はいませんか?

でも、なんで砂糖を使っていないのに甘いの?

それは人工甘味料が使われているからです。

今回は人工甘味料についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

人工甘味料とは

糖分を摂ると太るから、

人工甘味料を使った、

ゼロカロリーローカロリーのスイーツならいいんじゃない?

と思った方もいるのではないでしょうか。

ダイエット中の方が、スイーツのパッケージを見て、

「ローカロリー」「ノンシュガー」「ゼロカロリー」と

書かれていたらとても魅力的に感じてしまいますよね。

人工甘味料は、

砂糖が入れていないのに甘くしたり、

甘いのにローカロリーやゼロカロリーにしたりするのに使われています。

スポンサーリンク

 

人工甘味料の作用

 

太りやすくなる

ローカロリーやゼロカロリーの人工甘味料は太らないのでは?

と思った方もいるかと思いますが、

実はその反対で、砂糖よりも太りやすくなってしまうのです。

低カロリードリンクやヨーグルトなどに含まれる、

アスパルテームなどの人工甘味料は、

食欲を刺激する作用があると言われています。

つまり、人工甘味料が使われたものを

飲んだり食べたりすればするほど、

どんどんお腹がすいて食べ続けてしまうおそれがある

ということです。

 

また、人工甘味料を摂ると、脳をだますことになります。

舌にある味蕾が、甘いものを食べたことを感じると、

脳の栄養分であるグルコースが摂取できるはず!

と体が準備を始めます。

でも、人工甘味料ではグルコースを摂ることができません。

すると、期待を裏切られた脳は

なんとかグルコースを体内に入れようとして、

炭水化物や甘いものを欲しがる信号を出すようになってしまうのです。

 

セロトニンが分泌されなくなる

人工甘味料は、

セロトニンという脳内物質を分泌させないようにしてしまいます。

セロトニンには、食後の幸せな気持ちや満腹感をもたらす働きがあります。

でも、人工甘味料のせいでセロトニンの分泌が止まれば、

満腹感をいつまでも感じられず、

ずっとお腹がすき続けることになります。

 

ダイエットのために選んでいたゼロカロリーやノンシュガーのものが、

逆に太りやすくなってしまうなんて衝撃的ですよね。

私も以前は、

積極的にゼロカロリーのものを選んでいたので、

このことを知ったときにはもう泣きたくなりましたよ…

今はゼロカロリーやノンシュガーの甘いものは絶対に選びません。

 

特に注意したい人工甘味料の例

・アスパルテーム
・スクラロース
・サッカリン
・アセスルファムカリウム

など

 

買い物をするときは、

裏のラベルは要チェックですね!

 

おわりに

いかがでしたか?

「ゼロカロリー」はやせるカロリーではなく

あきらかに太るカロリーです。

宣伝文句に踊らされず、口に入れるものは厳しい目で見極めましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください