堀口一史座七段の登場動画!対局室に入るなりポーズをきめるが午前で終了

こんにちは!

りこです。

 

将棋の最年少プロ、

藤井聡太七段(16)が2日、

大阪市の関西将棋会館で指された

第78期名人戦順位戦C級1組2回戦で、

堀口一史座七段(44)を破り、

順位戦2連勝としましたが、

その対局前の堀口一史座七段の

パフォーマンスが話題になっています。

 

一体どんなパフォーマンスを行ったのでしょうか?

詳しく調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

堀口一史座七段 対局開始時間ギリギリに入室しパフォーマンス

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が2日、大阪市の関西将棋会館で指された第78期名人戦順位戦C級1組2回戦で、堀口一史座(かずしざ)七段(44)を47手破り、順位戦2連勝とした。終局は午前11時23分。持ち時間各6時間の順位戦では異例の午前中でのスピード決着となった。

終局後、藤井は「あまりない形だったので、こちらの攻めが成立するかどうか際どい勝負でした」と振り返った。

藤井の持ち時間の消費時間は1時間18分。堀口はわずか4分。藤井が指すと、堀口がすぐに指すという“激戦”だった。午前中の終局には「……」と苦笑い。通常なら終局後、感想戦が行われるが、終局後、すぐに堀口が退室したため、感想戦はできなかった。

前期、逃したB級2組昇級を目指す藤井は、連勝について「まだまだ先は長い。一局一局に全力を尽くしていきたい」と気を引き締めた。

対局前にもハプニングがあったが、昼食の“ハプニング”もあった。藤井は昼食の勝負メシとして、そば・うどん店「やまが」の「他人丼&冷たいそば」(830円)をオーダーしたが、出前の昼食が届く前の終局だった。昼食は? の質問に藤井は「いや……」と苦笑いで返答を保留した。

引用元:日刊スポーツ

 

異例のスピード決着となった

今回の対局でしたが、

その内容もさることながら、

対局前の堀口一史座七段の

パフォーマンスにも注目が集まっています。

 

問題のパフォーマンスはこちらです。

いや…

どうしちゃったんですかね?

 

筆者は堀口一史座七段のことは

今回初めて知ったのですが、

普段からこんな感じの方なのでしょうか…

 

堀口一史座七段は対局の5分前に

ギリギリで対局室に入ってきたそうです。

 

格好も気になりますね。

コンビニでお菓子や飲み物を

買ってきたのでしょうか。

たくさん詰まった買い物袋を手に提げていますね。

 

それからダウンジャケット

暑くないのでしょうか。

心配になりますね。

 

それにしてもこんな登場のされ方をしても

藤井聡太七段は微動だにしません。

シュールな場の空気に笑ってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

スポンサーリンク

おわりに

二日酔いか何かだったのでしょうか。

正気でこのようなことをしているとしたら

藤井聡太七段に対して失礼ですね。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

こちらの記事もよく読まれています。↓↓

ハラのポロリ動画!脇の下の傷跡は豊胸?テレ東音楽祭で放送事故!衣装のハプニングプロ根性で乗り切る

福嶋綾香の顔画像!堀尾正明アナの不倫相手は50代の美女モデル

名古屋殺人事件動画!山城清幸が榊原淳次さんを刃物で何度も刺し死亡

マット 桑田真澄の息子は整形依存で顔が怖い?昔の画像と現在を比較



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください