ビタミンはたくさんの種類を摂ろう!ビタミンCだけ摂っても安心はできない

こんにちは!

りこです。

ビタミンを摂りなさいと言われたら、どんな食材のどのビタミンを思い浮かべますか?

私は一番最初に、レモンのビタミンCが思い浮かびました。

でもビタミンには他にもたくさん種類がありますよね!

今回はたくさん種類がある、

ビタミンについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ビタミンとは

ビタミンとは、言うなれば元気の素です。

必須ビタミンと呼ばれる13種の栄養素は、健康な体と肌に必要不可欠なものです。

人間が体内で作り出すことができないものですが、

幸運なことに、ビタミンを含む美味しい食べ物は、

野菜や果物をはじめとし、たくさん存在します。

 

子どもの頃親に、ビタミンがたっぷりで体にいいから、

野菜や果物を食べなさいと言われたのはこういう訳だったのですね!

ビタミンを摂るときに気をつけたいこと

ビタミンを摂るときには、

そのビタミンが油に溶けやすい脂溶性ビタミンなのか、

水に溶けやすい水溶性ビタミンなのかという違いに気を付けましょう。

脂溶性ビタミンを摂るとき

脂溶性ビタミンを摂るときは、

オイルで調理したり、ドレッシングをかけたりして油と一緒に食べると上手く吸収されるので、

必ず良質の油と一緒に摂るようにしましょう。

脂溶性ビタミンの代表格はビタミンAで、

・人参

・かぼちゃ

・ほうれん草などの濃い緑色の葉野菜

などから摂ることができます。

水溶性ビタミンを摂るとき

水溶性ビタミンは、水分に溶けやすく、簡単に体から失われるので、

毎日たくさん摂る必要があります。

水溶性ビタミンの代表はビタミンCで、

・ブロッコリーなどの野菜

・キウイ

・いちご

などに豊富に含まれています。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成を促し、シワ予防の働きがあります。

女性には嬉しいビタミンですね!

 

他にも、ビタミンDビタミンE、ビタミンKなど、たくさんの種類のビタミンがあります。

スポンサーリンク

 

それぞれのビタミンの役割

食べ物によって含まれるビタミンは違い、

それぞれのビタミンにはそれぞれの異なる大切な役割があります。

ビタミンを野球やサッカーなどのスポーツのチームのメンバーだと思ってください。

素晴らしいピッチャーやゴールキーパーがいても、他の選手が全くいなければ試合はできません。

ビタミンも同じことだと考えてください。

ビタミンCだけを摂っていても美肌にはなれません。

たくさんの種類のビタミンを摂れるように、

様々な食材を食べましょう。

おわりに

いかがでしたか?

毎日の元気のためにたくさんの種類のビタミンを摂りましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください