美をつくる食事のバランスは、3:2:1、そして8:2

こんにちは!

りこです。

野菜やたんぱく質をたくさん摂りましょうと言われると、

どのくらいの割合で食べたらいいのか

気になりませんか?

今回は美をつくる食事バランスについて

まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1回の食事での栄養のバランス

3:2:1とは

3:2:1

という割合は1回の食事ごとの

野菜+果物:たんぱく質:炭水化物(穀類)

の割合です。

・必要な栄養が摂れて

・さらに空腹になりにくく

・太りにくいうえに

・ホルモンバランスを整える

とされている割合です。

 

1回の食事で摂るべきたんぱく質の目安が

手のひらの厚さと大きさぐらいですから、

いつも食べている量より野菜が足りていないと

気付く方が多いのではないでしょうか。

またラーメンやパスタ、丼ものが大好きな方は

これらのメニューでバランスをとるのが

いかに難しいか感じることができるでしょう。

炭水化物が多すぎると、太りやすくなったり、

食後に眠くなるなど、嬉しくない影響が出てしまいます。

サイドメニューで野菜やたんぱく質を上手に組み合わせ、

バランスの良い食事を目指してください。

 

ラーメンやパスタなどの麺類が大好きな私には

耳が痛い話です。(泣)

でも野菜やたんぱく質をプラスして食べればいいのですね!

3:2:1の割合を頭に入れておくことにします。

 

8:2とは

8:2

という割合は、

朝食+昼食:夕食

の食事の配分のことです。

朝食と昼食で1日の8割の食事を済ませ、

夕食は2割分にとどめておくのがベストです。

「朝はお腹がすかないし、朝と昼で8割なんて無理」

という方は、夕食が遅すぎる、または多すぎるせいです。

夜は消化のシステムが働かないですし、

食べたエネルギーを消化しにくくなってしまうので、

同じカロリーのものでも、「太るカロリー」になってしまいます。

 

朝や昼にたくさん食べておけば、

たくさんエネルギーを消費できるのに、

夜に食べてしまうと太ってしまうなんて

なんだかもったいない話ですね。

スポンサーリンク

 

消化を済ませてから寝る

夕食を食べてから、

消化しきれないまま眠ってしまうと、

朝起きたときに、だるさを感じてしまうでしょう。

健康的な空腹感とともに目覚めるには、

消化を済ませてからベッドに入りましょう。

夕食をなるべく軽めにすれば、次の日の朝や昼は

お腹がすいてたくさん食べることができるでしょう。

また、このように日中に充分な食事が摂れていれば、

遅い時間の食事量は抑えられ、

よいサイクルに入ることができます。

 

おわりに

いかがでしたか?

1回ごとの栄養のバランスと、

1日の食事ののバランスに気をつけ、

美と健康を手に入れましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください