油抜きダイエットは無意味!?良質な油を摂ろう!

こんにちは!

りこです。

ダイエットの敵だ!と一切を摂らない、

油抜きダイエットをしている方はいませんか?

今回はダイエット中の敵だと思われがちな、

油についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

油を摂ることによる体への作用

脳の60%は油でできていて、摂取することにより、

ホルモンバランスを整えたり、免疫が上がったり、

生きるために大切な体の仕組みにも大きく関わっています。

また、新陳代謝を上げたり、

視力や傷を治すためにも油は大切です。

さらに、澄んだ肌、ツヤのある髪を作り出すのも

油の力によるところが大きいと言えます。

 

良質な油の例

良質な油を上手に摂ることができれば、

健康的でいられ、きれいになることができます。

では良質な油とはどのようなものなのでしょう。

 

「ハッピーオイル」と呼ばれる油 オメガ3脂肪酸

きれいになる良質な油を選ぶことができれば、

油を怖がる必要はありません。

オメガ3脂肪酸という種類の油は、

人間の体では作り出すことができない「必須脂肪酸」なので

食べ物から体に取り込まなければなりません。

 

【オメガ3が含まれる食品】

・マグロ、イワシ、サンマなどの青魚

・くるみなどのナッツ類

・かぼちゃの種

・ごま油(低温圧搾した未精製のもの)

・ココナッツオイル

など

 

オメガ3は、血糖値を安定させ、

スリムな体になるのに加え、きれいな肌作りにも不可欠です。

内側からしっとりうるおった肌は、

オメガ3の恵みを受けていると思っていいでしょう。

また、オメガ3は「ハッピーオイル」と呼ばれるほど、

心地よい気分に深く関わる油なので、

積極的に摂って、

明るい肌と明るい心の両方を一度に手に入れてしまいましょう。

月経前症候群(PMS)をやわらげる効果も期待できると言われています。

 

やせやすくなり、肌もきれいに、

そして気分まで良くなる「ハッピーオイル」オメガ3!

もう摂らない理由はないですね!

うちの食卓には魚が出てくることが少ないのですが、

これからは積極的に増やしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

オメガ9脂肪酸

必須脂肪酸ではありませんが、

オメガ9脂肪酸の摂取もオススメです。

 

【オメガ9が含まれる食品】

・オリーブオイル

・アボカド

・ナッツ類

など

 

代表的なものはオリーブオイルです。

たくさん摂る人ほど、シワが少なく、

美肌とアンチエイジングのためのオイルと言われています。

選ぶ際は、コードプレス(低温圧搾)の

エクストラバージンオイル(一番搾り)にしましょう。

アボカドやナッツの脂肪分は、

魚の油と同じく、肉類の油と違って

体に脂肪がつきにくい種類なので怖がる必要はありません。

1日大さじ1〜2杯以上は良質な油を取りましょう。

 

我が家ではサラダ油の代わりに

オリーブオイルを使って調理しています!

パン(玄米粉や米粉でできたもの)につける

マーガリンの代わりに使うのもいいですね。

おわりに

いかがでしたか?

やせやすい体と、老化しないお肌のために

良質な油を毎日摂りましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください